Loading...

Dry cut

ナチュラルドライの髪を一束ずつ
髪質、骨格、生え方、スタイルに合わせてカットしていきます。

髪を彫刻のように切っていくドライカット


ドライカット (フレンチカット、パリ式ドライカット:別名エフィラージュカット)は、髪が乾いた状態からカットしていきます。 一般的なカットは髪を濡らしてからテンションを掛けて引っ張りまっすぐにカットしていくので髪をあくまで「パネル」としてカットしていきます。一方、ドライカットは 髪のクセや骨格、生え方などを見極めて、ひと束ずつ毛束を引き出して削るようにカットしていくことで、癖毛はまとまりやすく、ストレートで硬い髪には自然な丸みを、柔らかくつぶれやすい髪にはボリュームを出しやすく、そしてナチュラルで柔らかなタッチのカットが表現できます。 そのため、切った直後からよく馴染み、自然な仕上がりになります。 ご家庭でも高い再現性に優れ 、一生懸命ブローで形を作らなくてもドライヤーで乾かすだけでサロンと同様の仕上がりになります。また、伸びてきたときにもまとまりが長続きします。
ただ、何が何でもドライでカットする、ということではなくボブやワンレングスのように重みがほしいカットの時はウェット、ショートはセミドライと髪をデザインするのに最適な方法でカットしていきます。
共通していることはセニング(梳きバサミ)を使うことは男性の刈り上げ等極端に短いスタイルの時以外はありません。         
scissor

使う道具は一丁のハサミとクシ

使う道具はシンプルにハサミとクシだけです。セニング(梳きバサミ)やレザー(カミソリ)など髪のパサツキにつながる道具は基本的に使うことはありません(ベリーショートは除きます)。しかし、髪を細かく一束ずつ丁寧にカットしていくため一般的なカットに比べて時間がかかってしまうのが弱点です。

Office Location

神奈川県横浜市西区北幸2-13-1

北原不動産ビル7階

Contact

Phone:045-324-3831

Email:infokokua-hair.com

Social presense